長距離に向いている人、単距離に向いている人

体力に自信があるタイプは長距離が最適

ドライバーの仕事に興味を持っていてトラックを運転したい場合に応募する求人を選ぶ時は、給料や福利厚生に加えて最適な運送距離を検討しましょう。トラックドライバーは長距離と短距離の2つのタイプがあるので、向いている方の求人に応募する方が満足しながら働くことができます。長距離に向いているのは体力に自信があるタイプとなっています。長距離のトラックドライバーはかなりの距離を移動するため、会社を出発してから戻るまで数日かかることは珍しくないです。休憩や睡眠を取りつつ仕事をこなすことになりますが、座っている時間やハンドル操作に集中している時間は長いので体力が求められます。ですから、体力に自信がある場合は長距離のトラックドライバーに向いているでしょう。

飽きやすいタイプは短距離がおすすめ

短距離のトラックドライバーに向いているのは飽きやすいタイプです。長距離のトラックドライバーは運転や休憩をするために車内で過ごす時間は長くなります。また、運転する地域によっては同じような景色が続いてしまうことがあるので、飽きやすいタイプの場合は集中力が低下するリスクがあります。しかし、短距離のトラックドライバーは1回の勤務中に複数の取引先に足を運ぶことになります。つまり、毎回異なる景色の中を運転することになるため、新鮮な気分を味わいながら仕事に取り組めます。また、短距離の移動ということで荷物の積み上げだったり、取引先に伝票を渡したりなど、頻繁にトラックから乗り降りします。このように、身体を動かす回数が多いことも飽きやすいタイプが短距離のトラックドライバーに向いている理由の1つです。

中型のトラックドライバーの求人は大型車の運転には不慣れな人でも比較的、採用されやすい傾向があります。中型車は小規模な運送業務で多用されるので人員不足な会社が多いのが採用されやすい理由のひとつです。