普通自動車免許証を持っていればできる仕事とは

普通自動車免許だけでトラックは運転できるのか

トラックドライバーはハードだけど、その分給料が良い仕事の1つであるといわれています。しかし中には普通自動車免許しか取得していなかったり、これから大型自動車免許を取得しようと考えていたりする人もいるでしょう。すぐには大型自動車免許は取得できないため、普通自動車免許のみで運転できるトラックは存在するのか、或いは応募できるトラックドライバー求人はあるのかと疑問に感じる人も少なくありません。結論から言えば、普通自動車免許で運転できるトラックは、免許取得時期によって異なるのです。2007年6月1日までに取得している場合、4トントラックまで運転することができました。2017年3月11日までに取得しているなら、2トントラックまで運転可能です。2017年3月12日以降に普通自動車免許を取得した人は、1.5トントラックまでしか運転できなくなったのです。

普通自動車免許証だけでドライバーとして仕事ができるのか

先述した通り、普通自動車免許証を取得した時期によって、運転可能なトラック重量が変わっています。しかしトラックドライバー自体、人手が不足している状況であるため、仕事に就けるチャンスはあるのです。もちろんトラック会社によっては長期的な人材育成制度を採用しているケースがあり、入社後に大型自動車免許の取得をサポートしてくれるところを探しても良いでしょう。だから、普通自動車免許証のみ持っているだけでも、トラックドライバーとしての仕事はあるといえます。ところで2017年3月12日以降に普通自動車免許証を取得した人は、運転可能なトラックの重量がかなり限られています。そこで準中型自動車免許を取得することをおすすめします。準中型自動車免許は普通免許取得を取得するときに、同時に受験することが可能です。準中型自動車免許があれば、トラックドライバーとして採用される確率が上がるでしょう。